殿堂入りのお皿たち

世の中にあまた煌めく珠玉のお皿たちの記録

 東京-六本木

殿堂入りのお皿たち その553【白土さん の 季節感あるフュージョン】

大本はフレンチなのでしょうが、和の素材にこだわり、和のテイスト溢れるフュージョンになっています。春巻きもこれは日本料理です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その533【白土さん の ブータンノワールと兼六芋、青リンゴ】

ブータンノワールと合わせるものは、なかなか悩ましいと思われますが、 青リンゴはありとして、兼六芋とは驚きです。 しかも美味しい。フュージョンの真骨頂ですね。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その441【la Brianza (ラ ブリアンツァ) の トリュフのグラタン】

トリュフのグラタン、まずかろうはずがない、といった感じの組み合わせです。 ちょっとたまごによる水気が多いかなという感じはしますが、トリュフの香りの立ち方は凄かったです。 ホスピタリティにも優れた素晴らしいお店です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その402【Jean-Georges Tokyo の 前衛的フレンチ】

日本のテイスト、ハーブ、スパイスをフレンチと融合させているお店。 スペシャリテを多く産んでいる前衛的なお店です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その378【隼 の チャーハン】

他のお皿は試行錯誤のあとが見えるが、鍋を振ったチャーハンはやはり美味しい。 王道の中華を推しすすめるべきではないだろうか。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その368【吉乃 NEW YORK (東京ポップアップ)】

店主の上品さで言えば、東のすぎたさん、西の吉乃さんと思います。 特に吉乃さんは、進取の気概が凄いです。 なおこちらは、NYへ移転前の東京ポップアップ店です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その329【ドンブラボーさん の ブロードと鰹だしのスープ】

これは本当に凄いです。 イタリアンの出汁のブロードと、和の出汁のブロードを掛け合わせたスープ。 実に見事に融合しています。 これだけを飲みにこのお店に行く価値があります。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その280【K+さん の 雲丹の冷たいカルボナーラ】

何度か登場しているお店ですが、 夜中に禁断のお皿を頂けます。 その禁断のお皿の代表格が、この雲丹のカルボナーラ。 カロリーは高いと思われますが、夜中にこそ、たまらないお皿です。 K+ (カゲロウプリュス) - 広尾/イタリアン [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その231【エクアトゥール の ガスパチョのセルクル仕立て】

イノベーティブフュージョンの隠れた名店であるエクアトゥールさんですが、 その範疇は、フレンチ、和、中華にとどまらず、スペインをも包含する。 このセルクルの中には、あらゆる要素が詰まっているが、なんとオレンジの色は、ガスパチョテイストである。 …

殿堂入りのお皿たち その211【かんだ の お椀】

お椀は、やはり日本料理の華である。 お椀での味が、全てのお皿の料理の味の根底となるからである。 かんださんのお椀は、塩味も旨味も派手さは無くぎりぎりの線を攻めてくる。 それだからこそ、最後に昆布の旨味がふわっと襲ってくるという味わいが強調され…

殿堂入りのお皿たち その192【クローニーのサワードゥ・ブレッド】

クローニーさん、もちろんお料理の素晴らしいお店です。 その中で、お店には失礼かも知れないのですが、ひときわ印象に残るのがパン。 自家製サワードゥ・ブレッドは、鍋でじっくり焼き上げるようですが、そのがりがり感は他には無い食感です。 一度食べると…

殿堂入りのお皿たち その166【エクアトゥール の トリュフといちごのデセール】

※時差更新です。リアルタイムではありません。 デセールにトリュフを使うこと自体が珍しいと思いますが、 なんと、いちごのスライスとトリュフのひらひらを合わせたデセールです。 器との相性も相まって、見た目にも麗しい姿のデセールとなっています。 エク…

殿堂入りのお皿たち その119【海鮮名菜 香宮 の 北京ダック】

北京ダックの美味しいお店は幾つかあるわけですが、 こちらのお店の北京ダックには、ひとつの大きな特徴があります。 北京ダックには大抵葱が入っているわけですが、これが北京ダックをかみ切るときにかみ切りにくいことが多い。 そこを工夫して、ちゃんと北…

殿堂入りのお皿たち その117【虎峰さん の 上海蟹のシェリー酒漬け】

季節限定の品ですが、虎峰さんのスペシャリテ、上海蟹のシェリー酒漬け。 通常は紹興酒が使われるわけですが、人によっては、紹興酒の香りが苦手な場合も多々あります。そこで、より万人向けのお酒としてシェリー酒を使うことを発想されたのだと思います。 …

殿堂入りのお皿たち その110【鮨さいとう の 握り】

2019年は、まさに鮨ブームの年でした。 これがブームなのかずっと続くのかはわかりませんが、その頂点に君臨したのが、鮨さいとうさん。 会員制と解釈され、ミシュラン(三ツ星)からは姿を消しましたが、それでも、さいとうさんが頂点である事を疑う人は殆…

殿堂入りのお皿たち その5 【香妃園の鶏煮込みそば】

中華には有無を言わせぬ魅力がある。 高級素材を用いたものも良いが、極上の鶏そばを提供してくれるお店が六本木にある。 麺が特別に美味しいわけではないが、鶏のスープとの相性は良い。 鶏のスープといっても、ポタージュ的な濃いものから、澄んだスープの…