殿堂入りのお皿たち

世の中にあまた煌めく珠玉のお皿たちの記録

⌘ 中華料理

殿堂入りのお皿たち その510【リンガーハット の ちゃんぽん&皿うどん】

いつもとは毛色の違うお店ですが、 リンガーハットは結構好きです。 しかし、ちゃんぽんも皿うどんもともに捨てがたい。 そこで、それぞれのミニのダブル!

殿堂入りのお皿たち その505【羽根木餃子さん の 餃子】

羽根木餃子さんの美しすぎる餃子。 たくさんの種類の餃子がありますが、手打ちの皮は秀逸。 商品開発意欲が旺盛な店主さんのようで、この日はしゅうまいもありました! tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その474【GINZA JOTAKIさん の 頂湯スープ】

こちらのスープは、鶏、豚、牛、金華ハムを40時間湯煎で煮出したものだそうで、 確かに絶品です! tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その462【智林 の 杏仁豆腐】

たまにはピンぼけになることがある苦笑 しかし、味は全くぼけていない珠玉の杏仁豆腐です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その459【馬子禄 の 大寛】

蘭州麺を名乗る馬子禄さんの麺の中でももっとも太いものがこちら。 好みはあるでしょうが、ひもかわうどんなどを好きな方にはたまらない逸品でしょう。 スープは結構辛いです。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その453【人人人  の 点心】

トキアにある中華料理屋さん。 コスパに優れる優良店です。 特に点心類はよく出来ています。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その443【中国菜 智林 の 紹興酒アイス】

中華料理はデザートが弱いと思いますが、これは絶品でした! 大人の味です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その442【富麗華 の 羊城脆焼肉(皮つき豚バラ肉のパリ焼き)】

皮つき豚バラ肉のパリ焼きが大好物なわけですが、結構ちゃんとしたお店でも、出来損ないが出てくることがあります。 その点、やはり、富麗華のクオリティーは流石です。 皮つき豚バラ肉のパリ焼き tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その427【中国菜智林 の 蝦夷鹿のカシューナッツの纏い揚げ】

蝦夷鹿にナッツをまとわせた逸品。 クセのない赤身の蝦夷鹿にナッツの油脂感。やばい組み合わせです。食感的にも。 その他、腸詰め、ジャガイモ、里麺など、絶品です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その416【MEILIさん の 担仔麺】

ルーローハンや担仔麺の美味しいお店って以外と見つからないのですが、 こちらの担仔麺は現地のものより美味しいかと思います! 特に、良質なルーローがこんなに入っている担仔麺は現地ではまずないと思います。 スープは海鮮も感じられるあっさり味ですが満…

殿堂入りのお皿たち その410【美麗 MEILI の 台湾担仔麺】

海外の現地のものを日本風にアレンジして美味しいというのは稀である。 しかし、この担仔麺は、日本風にアレンジしてあるが、すこぶる美味しい。 アレンジとはこうすべしと言う素晴らしい見本である。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その407【翡翠宮 の 繊細な中華料理】

中華の名店はなかなか育ちにくい。 しかし、フレンチでもそうであるように、日本人の感性が組み合わせられることで、 素晴らしいお料理になり得る。 ホテルの中華は一定の枠ははめられるものの、中華の豪快さと和の繊細さが融合した料理は素晴らしい。 tabel…

殿堂入りのお皿たち その396【わさ の カウンター中華】

カウンター中華として人気のわささん。 開化亭さんのDNAを引き継ぐ斬新さも有り、一方、チャーハンなどは絶品。 しかし、このような高額店ではなく、街中華として腕をふるってくれた方が幸せと思うのは私だけであろうか。。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その391【わさ の 焼きフカヒレ】

わささん、開化亭さんのDNAを持つカウンター中華やさん。 その丁寧な仕事ぶりから生み出されるスープなどの出来は素晴らしいものがあります。 フカヒレの湯は腕の見せ所なわけですが、やはり、そこはさすがです。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その388【3米3 の 炙りチーズ粥】

お粥の弱点を全て潰したお粥。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その383【維新號 の 青のりチャーハン】

一度食べると病みつき必至の青のりチャーハン。 銀座店の方が、海苔がおおかったような、、、 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その378【隼 の チャーハン】

他のお皿は試行錯誤のあとが見えるが、鍋を振ったチャーハンはやはり美味しい。 王道の中華を推しすすめるべきではないだろうか。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その371【ラストノートさん の 麻婆豆腐】

ラストノートさんと言えば、スイーツが得意なイメージですが、 なんと最後の〆は麻婆豆腐。 それも、へたな専門店よりも美味しい麻婆豆腐です。 シェフの引き出しの多さに脱帽です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その367【TexturA の 焼きフカヒレ】

火の通し具合の見事な焼きフカヒレ。 ソースも良いです。 気軽な雰囲気で焼きフカヒレが頂ける貴重なお店。 中華とスペイン料理が揃います。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その316【ラストノートさん の 麻婆豆腐】

同じお店が二日続くのは初めてかも知れません(笑) なんと、この麻婆豆腐、昨日の記事のデセールの後に出てくるのです。 そしてこれがとんでもなく美味しいのです。 麻婆豆腐で〆、ありです! tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その307【トナリ の たんから】

トナリさんといえば、タンメンで有名ですが、 そこに唐揚げを足して、たんからにすると栄養バランス満点! 餃子を足して、たんぎょうというのもあります。 トナリ 丸の内店 - 二重橋前/ラーメン [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その303【グリルアンドバーハナヤ の 上海角煮カレー】

中華のテイストのカレーも、また魅力があります。 このカレーは特に黒ごまがふんだんに使われているのが特徴です。 独特のスパイシーさは病みつきになります。 グリルアンドバー ハナヤ (GRILL&Bar Hanaya) - 西武新宿/ダイニングバー [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その271【茶禅華 の 春巻き粉をまとった鮎】

鮎の春巻きは一世を風靡しましたが、こちらの鮎は、春巻き粉をまとった鮎。 いかに鮎の香りを鮮烈に保ちながら中華料理とするか? その答えの一つかと思います。 茶禅華 (サゼンカ) - 広尾/中華料理 [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その263【茶禅華さん の 担々麺】

茶禅華さんといえば、次々と驚きのお皿を生み出すお店ですが、 そこはやはり担々麺も素晴らしい。 こちらの麻婆豆腐はかなり辛いのですが、担々麺は適度な辛さ。 クリーミーさとコクのバランスも秀逸でとても美味しい担々麺です。 茶禅華 (サゼンカ) - 広…

殿堂入りのお皿たち その238【ティムホーワン の 大根餅】

大根餅にもいろいろあるわけですが、大根の風味が色濃く残る大根餅は少ない。 こちらの大根餅はかなりの大根具合! 望むべくは、干しエビが大量に入っていると個人的には嬉しいですが、 これはなかなかの大根餅です。 添好運 新宿サザンテラス店 (ティムホ…

殿堂入りのお皿たち その236【秦唐記 の びゃんびゃん麺】

麺は、それこそ何百種類もあるわけですが、 漢字の難しさで言えば、この麺が最強でしょう! 三枚目の写真に、漢字の写真があります。 これは3種の味が盛られた汁無し麺ですが、麺の食感を味わうには最適です。 日本のひもかわうどんなどに比べるともちもち感…

殿堂入りのお皿たち その234【新宿中村屋 の 伊府麺】

新宿中村屋さんといえば、恋と革命のインドカレーでつとに有名ですが、 実は、数多くの洋食のメニューもあります。 その中でも異色なのが伊府麺。 もともとは決して高級なものではないのですが、その独特の食感から根強いファンがいる麺です。 一度揚げられ…

殿堂入りのお皿たち その232【ShinoiS の 生月餅】

中華料理というとどうしてもデザートが弱いわけですが、 こちらでも、その打破を予感させるデザートを出してくれます。 普通、月餅というと、おも〜〜い、デザートにならない甘味ですが、 こちらは、それを生仕立てにすることで、デザートとして好適なものに…

殿堂入りのお皿たち その230【テクストゥーラ の よだれどりの三段活用】

スパニッシュと中華が同居する面白いお店ですが、 そちらの名物の一つがこれ。 よだれ鶏はもはや珍しくないのですが、そこに餃子と麺、さらには豆乳を組み合わせて、全てをありがたく頂こうという素晴らしいメニュー。 よだれ鶏好きにはたまらないメニューで…

殿堂入りのお皿たち その222【ShinoiS の 杏仁豆腐の新境地】

杏仁豆腐の独特な芳香と風味は、時として魅力的であり、時として奇妙となる。 杏仁豆腐は、デザートとして食されることが多いが、その独特な風味は料理としてうまくはまれば、印象的なお皿となろう。 シノワさんでは、お料理の中に杏仁豆腐が定期で入ってく…