殿堂入りのお皿たち

世の中にあまた煌めく珠玉のお皿たちの記録

東京-渋谷

殿堂入りのお皿たち その267【京都宇治 藤井茗縁 の マグロの宇治茶漬け】

お茶漬けにもいろいろあるが、 宇治抹茶を使ったお茶漬けはなかなか珍しい。 胡麻まぐろと松前漬けの宇治抹茶茶漬けは、取り合わせといい、なかなかの完成度です。 暑い夏でも心地よく頂けるお皿です。 京都宇治 藤井茗縁 - 渋谷/日本茶専門店 [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その237【かつ吉 の 冷やしカツ丼(カレー)】

冷やしなんとか、という食べ物はままあるかと思われますが、 冷やしカツ丼は珍しい!! しかもそれが美味しいときています。 とんかつが、水に浸っているわけですが、それでもとんかつはサクサクです。 カレーの風味と相まって、夏にぴったりのとんかつとな…

殿堂入りのお皿たち その227【おまかせ亭 の 野菜の冷やしカレー】

なんとも珍しい食べ物です。 宮崎の冷や汁のカレー版のような(;・∀・) しかし、野菜は一つづつ丁寧に下ごしらえされ、カレーは、 うーん、普通のカレーでは無いですが、スパイスのきいたオニオンベースのものです。 昆布だしも効いていたりします。 普通の…

殿堂入りのお皿たち その203【茶亭 羽當さん の チーズケーキ】

羽當さんはシフォンケーキが絶品なわけですが、 チーズケーキも絶品です。 渋谷にありながら、老舗の雰囲気を楽しめる貴重な喫茶店さん。 まだまだ美味しいものが潜んでいそう! tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その189【ミネバルのタパス】

ミネバルさんのタパスです。 お昼のコースの最初に出てくるお皿です。 おそらく、クッキーサンド、ポタージュ、ガスパチョなど、季節に応じて二品くらい出てくるのだと思います。 スペイン料理のお店ですが、その発想は自由闊達で、フレンチかとも思わせるお…

殿堂入りのお皿たち その181【レザンファンギャテ の テリーヌ】

※時差更新です。リアルタイムではありません。 テリーヌには、いろいろなものが詰まっている。 食材、技術、発想、情熱。 こちらは常時、多種類のテリーヌを揃えている、テリーヌの殿堂です。 ひたすらテリーヌを最適な順番で頂く幸せ。 正直、俗に言うメイ…

殿堂入りのお皿たち その173【佐乃家さん の 液体窒素ジェラート】

※時差更新です。リアルタイムではありません。 近年では、料理の世界にも科学が入り込んできている。 こちらのデザートは、液体窒素で瞬時に作り上げたジェラートである。 液体窒素は−196℃であるので、大抵のものはすぐに固まる。 しかし、単に固まるだけ…

殿堂入りのお皿たち その172【茶亭 羽當さん の シフォンケーキ】

普通、シフォンケーキというと、ぱさつき感が避けられない。 米粉を使ったシフォンケーキも独特の食感があるが、こちらのシフォンケーキはどうもそれとも違う。 結局、よくわからなくて申し訳ないのだが、こちらのシフォンケーキのしっとり具合ははんぱない…

殿堂入りのお皿たち その157【山下本気うどんさん の 白いクリームチーズカレーうどん】

※時差更新です。リアルタイムではありません。 インスタ映えは、負の側面もあるとは言うものの、 やはり、食の可能性を拡げたという意味では、画期的だったと思います。 このカレーうどんは、凄い見かけですが、味が伴っています。 白いクリームは、ジャガイ…

殿堂入りのお皿たち その124【かつお食堂 の かつお節めし】

何かに特化したお店というものは、少なくともその一点において、唯一無二の料理を出せる確率が高まる。 こちらは、鰹節に対する愛と、削り立てのかつおぶしをウリとする珍しいお店である。 てんこもりの削りたての鰹節、そして、鰹節が減ってくると間髪いれ…

殿堂入りのお皿たち その78【パフェテリア ベルさん の パフェ】

シメパフェに火をつけたお店でしょうか。 シメパフェと聞くと、たいしたことはないのかと思いきや、実際に頂いてみると情熱のこもった素晴らしいパフェだとすぐにわかります。 全てのパフェに手抜きはないのですが、象徴的なパフェはこちらの写真のパフェだ…