殿堂入りのお皿たち

世の中にあまた煌めく珠玉のお皿たちの記録

⌘ イタリアン

殿堂入りのお皿たち その674【武蔵小山パレルモプラス の 揚げピザ】

揚げピザはなかなか珍しいですが、味的にも最高です。 必ず食べるべきピザです。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その665【クレフ の フュージョン系イタリアン】

イタリアンのフュージョン系のお店は意外に少ない。 そんな中、こちらのお店はコスパ抜群で楽しめる貴重なお店です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その646【上北沢の、とあるカフェさん の 二郎系の麺を使ったパスタ】

なんとオーション麺を使ったパスタです。 新感覚が楽しめます。 https://www.instagram.com/kamikita_cafe_portlate/

殿堂入りのお皿たち その602【Jazzと喫茶 囃子 さん の カルボナーラ】

下北沢のお店らしく個性的なパスタ。 昆布が入っていたり、油断なりません! tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その584【RAMA白金さん の イタリアンフュージョンなお皿】

イタリアンのフュージョンってありそうであまりありません。 こちらのお店は、その意味でとても貴重なお店だと思います。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その580【クオーレフォルテさん の ポルケッタ】

豚のバラ肉のポルケッタです。 イタリアの婚礼の時などに作られるお料理のようです、 玉ねぎの炒めたものと、マスタードとの相性が抜群です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その557【ドンブラボー さん の 白アスパラガス】

白アスパラガスがそもそもたまらないのですが、ボッタルガと組み合わされては、それはもう、、、 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その555【RAMA 白金さん の 鮨】

基本、イタリアンですが、和の要素を含んだ多皿でのコース。 ポーションがやや小さいですが、それぞれに珠玉の内容が詰まっています。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その551【ペペロッソさん の ピチとピルス】

ピチとピルスというパスタを含むランチを頂きました。いずれもなかなかレアなパスタですが、パスタの食感、具材、味付け全て、とても素晴らしい。パンや前菜盛り合わせも、どれもこだわりが詰まりまくってます。鯉を使った前菜もありました。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その548【ドンブラボー の パスタ料理】

ドンブラボーさんといえば、ピザで有名ですが、パスタも美味しいのです。 タクボさんのDNAを継いでいます。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その543【アルモニコさん の ストランゴッツィ】

ストランゴッツィ、ウンブリア州のロングパスタですね。 麺もソースも魂を感じます。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その542【RAMAさん の ラビオリ的なもの、、、】

私としたことが、料理名を失念しました、、、 ラビオリ的なものです、、、 RAMAさんは、このようなフュージョンライクなセンスあるイタリアンを提供してくれます。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その536【カブトシモキタ さん の 綿あめボロネーズ】

単なるキワモノと思わないでください! ボロネーズのソースには砂糖を使わず、わたあめから供給。 ステーキに岩塩が美味しいように、 ボロネーズに甘さの場所によるメリハリが効いて、美味しいのです! tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その529【ドンブラボーさん の ピザ】

もちろん、ピザにはいろいろなタイプがあり、個人の好みはありますが、 ドンブラボーさんのピザは誰が食べても大好きでしょう! tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その523【RAMA白金さん の タヤリン】

日本のイタリアンの手打ち麺のレベルは上がりまくってます。 これも最高のタヤリンです。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その522【代官山アルモニコさん の 魂のソース】

魚の骨などから採ったダシを中心に、骨太のソースに仕上げてあります。 イタリアンにして、このソース。 恐ろしいレベルです。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その519【下北沢クオーレフォルテさん の ドルチェ】

クオーレフォルテさん、全てのお皿に目をみはる点があります。 それはドルチェに至るまで変わりません。 カウンターで楽しめるイタリアンです。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その515【クオーレフォルテさん の リコッタチーズ】

このチーズならば、なにと合わせても最高に美味しいおさらになるでしょう! tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その514【アンティキサポーリさん の トロッコリ】

かなり珍しいパスタですね。 たしか、プーリア州のパスタで、溝のある綿棒から作られます。 独特の食感が濃いめのソースによく合います。 店内には十字軍ゆかりの品があるなど、貴重な空間が広がっています。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その509【アンティキサポーリ の ストラッチャテッラ】

ブッラータのさらに良いところのチーズ。 たまらないフレッシュチーズです。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その504【クオーレ・フォルテさん の レモンパスタ】

下北沢らしいイタリアンワインバー。 個性的なお皿が揃いますが、これも病みつきになるレモンパスタ。 しっかりしたお料理の後に最高です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その501【イルラートさん の 多皿イタリアン】

イタリアンの多皿料理。 しかも一品一品がしっかりしている貴重なお店。 フグが出てきたのは驚きでした。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その498【下北沢オキドケイさん の ペペボナーラ】

カルボナーラは少しあとくち重い、ペペロンチーノはちょっとまろやかさ足りない、という時に、これはどうでしょう? その名も、ペペボナーラ! ちょっとニンニクが効きすぎですが、病みつきになるひとが続出かと。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その486【クオーレフォルテ の ポルケッタ】

豚肉を味わうには最高の一皿のひとつ。 イタリアのビオワインも揃っています。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その469【コンチェルト の ランチのメイン】

イタリアンのランチというと軽いお皿をイメージしますが、 こちらのランチのメインは骨太です。 さすが、ダテにミシュラン掲載店ではありません。 アロマフレスカ、タクボさんの流れをくむお店です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その468【ブラマソーレ の 骨太イタリアン】

イタリアンはどうしてもメインが、悪く言えばか細いことが多いわけですが、 こちらはランチでも骨太のお皿を出してきます。 ドンチッチョ系列ですね。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その454【レガーロさん  の 真摯な料理】

こちらのお料理は、ほとんどが提供の直前に一から作られています。 その分、厨房は戦争状態ですが、その努力は必ずや味に反映されます。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その452【パンエヴィーノ  の モンブラン】

まさに目の前であっという間の技で作られる”生”ケーキ。 稲城の地に驚くべきケーキ屋さんがある。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その446【パンエヴィーノ の 作りたてモンブラン】

京王線の稲城駅、都内からは結構な距離ですが、きら星のようなお店があります。 熟練の技で目の前で合ったいう間にモンブランを仕立ててくれます。 遠くても訪れる価値のある名店です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その441【la Brianza (ラ ブリアンツァ) の トリュフのグラタン】

トリュフのグラタン、まずかろうはずがない、といった感じの組み合わせです。 ちょっとたまごによる水気が多いかなという感じはしますが、トリュフの香りの立ち方は凄かったです。 ホスピタリティにも優れた素晴らしいお店です。 tabelog.com