殿堂入りのお皿たち

世の中にあまた煌めく珠玉のお皿たちの記録

殿堂入りのお皿たち その158【黒須さん の 醤油蕎麦】

※時差更新です。リアルタイムではありません。

 

複雑、または、旨味がたっぷりなラーメンは多いですが、シンプルに攻めてくるラーメンも多くあります。

こちらの醤油蕎麦は、鶏と、そして醤油が前面に出てくる比較的シンプルなスープで出来ています。

しかし、その醤油が美味しすぎるのです。

実際は、その醤油もブレンドされていたり、そんなにシンプルなわけではないのですが、

シンプルで美味しいラーメンはやはりとても印象深いです。

醤油の香りを感じたくなったら、こちらのラーメンが思い浮かびます。

f:id:Specialite:20200222135013j:plain

f:id:Specialite:20200222135257j:plain

tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その157【山下本気うどんさん の 白いクリームチーズカレーうどん】

※時差更新です。リアルタイムではありません。

 

インスタ映えは、負の側面もあるとは言うものの、

やはり、食の可能性を拡げたという意味では、画期的だったと思います。

このカレーうどんは、凄い見かけですが、味が伴っています。

白いクリームは、ジャガイモの風味が感じられ、カレーとの相性が良いです。

オリジナルは他にもあるとの噂もありますが、このうどんが美味しいことは間違いありません。

f:id:Specialite:20200211144422j:plain

f:id:Specialite:20200211144605j:plain

tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その156【Eggslutさん の SLUT】

※時差更新です。リアルタイムではありません。

 

LAで実際に朝から大行列になっているお店が、日本に出店してきました!

私は、これが大好物なので歓喜です。

ポテトとたまごというありがちな組み合わせなのですが、このSLUTというのは、ありそうでない新しい食べ物と言えると思います。

大ぶりの岩塩が良い味を出していますが、可能なら、トリュフ塩かトリュフオイルをかけると最高です(お店に無断でかけてはいけません^^;)

多くのお客さんはバーガーを食べていますが、このSLUTこそ本命だと思います。

あ、ちなみに、オレンジジュースもアメリカばりに美味しいです。

f:id:Specialite:20200224185827j:plain

f:id:Specialite:20200224185841j:plain

f:id:Specialite:20200224185856j:plain

f:id:Specialite:20200224185912j:plain

tabelog.com

 

殿堂入りのお皿たち その155【東向島珈琲店 pua manaさん の チーズケーキ】

私は、レア系、カッテージ系のチーズケーキが好きですが、

こちらのチーズケーキはその範疇では最強クラスです。

曳舟というややローカルなロケーションですが、チーズケーキ好きな方は、是非、食すべきチーズケーキだと思います。

アトリエドフロマージュさんのフォンテンヌブローと少し似ていますが、それよりも濃厚です。

ソースは季節により変わると思われます。

f:id:Specialite:20200223230833j:plain

tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その154【Japanese Soba Noodles 蔦さん の 黒トリュフ醤油Soba】

蔦さんと言えば、ラーメンでありながらミシュランに掲載されたことで大いに話題になりました。

巣鴨時代は行列が凄すぎて行きにくいお店でしたが、代々木上原に移転してだいぶ行きやすくなりました。

黒トリュフに注意が向かいがちですが、こちらの醤油スープは凄いです。

ベースがポルチーニであり、それ故に、トリュフとの相性も格段に高まります。

トリュフを入れずに食べたことはありませんが、おそらくは、トリュフを入れなくても十二分に美味しいものと思われます。

f:id:Specialite:20200223231323j:plain

tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その153【志むら の 断崖系かき氷】

かき氷は、簡単そうに見えて奥の深い料理です。

氷の原料、氷の削り方、氷の温度、氷の盛り方、ソース、これらのバランスは奥深いものがあります。

志むらさんのかき氷は、独創性を持ちつつ、これらを絶妙なバランスで実現しています。

珍しく、写真を4枚も載せてみました。

これを、断崖系と呼ぶ方もいれば、イナバウワーと呼ぶ方もいます(笑)

ご堪能下さいませ^^

f:id:Specialite:20200223225511j:plain

f:id:Specialite:20200223225526j:plain

f:id:Specialite:20200223225643j:plain

f:id:Specialite:20200223225823j:plain

tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その152【長谷川稔Lab の あわび料理】

あわびは最も滋味深い食材のひとつと思われます。

とても強い味があるわけでもないのに、とても味わいが深い。

一つには、旨味がじんわりとにじみ出てくることがその一因だと思われます。

こちらのあわび料理は、あわびそのものの美味しさはそのままに、さらに、あわびの旨味を重ねてくるという、もはや禁断の世界。

このお料理は、長谷川稔Labさんのスペシャリテと言っても良い料理だと思います。

f:id:Specialite:20200223224024j:plain

f:id:Specialite:20200223224047j:plain

tabelog.com