殿堂入りのお皿たち

世の中にあまた煌めく珠玉のお皿たちの記録

殿堂入りのお皿たち その88【かつ元 の とんかつ】

かつ元さんは調布という立地もあってか、とんかつ界でも殆ど無名のお店かと思われます。とんかつ界では、なりくら、ポン多、丸五、あげづきさんあたりの名前が挙がることでしょう。私は、胡麻油が香るジャンクなとんかつが好きなので、その点から言うと、このかつ元さんのとんかつは最高です。

お店の100m圏内に入ると、もう胡麻油の香りがします。正直、ご近所の方にはどうなのだろう、と思うレベルです。

胡麻油の香りが好きな方には是非訪れて欲しいお店です。

f:id:Specialite:20200103182153j:plain

かつ元

tabelog.com

 

殿堂入りのお皿たち その87【アヂト の フルーツサンド】

駒澤大学の駅から離れた地に、まさにアジトのようなお店アヂトさんがある。

建物も興味深く、メニューも興味深い。

しかし、興味深いだけでなく、そこには奥深さもあり訪問する価値がある。

多くの素晴らしいメニューがあるが、ここは、映えを優先し、いちごのフルーツサンドを推すこととする。

f:id:Specialite:20200103174426j:plain

f:id:Specialite:20200103174440j:plain

アヂト

tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その86【コンヴィーヴィオ の カチョエペペ】

世の中に珠玉のパスタはあまたあるが、こちらのカチョエペペは間違いなくそのうちの一つに入る。

カチョエペペは単純なパスタ故に、パスタそのものの出来が正面に現れる。

こちらのカチョエペペには変遷があり、少し幅広から、かなり幅広に移ってきているように感じられる。個人的には、少し幅広が、パスタの食感的には一番好きである。

他では感じられない官能的な食感のパスタが北参道にある。

f:id:Specialite:20200103173616j:plain

カチョエペペ

tabelog.com

 

殿堂入りのお皿たち その85【豪龍久保 の のどぐろ】

近年、のどぐろが一気に人気の魚になったわけですが、

のどぐろの焼き物の中でも最上位のものがこちら。

抜群の火入れと皮目の美味しいさはこれ以上のものは無いと思わせる凄さがあります。

見た目も美しいですね!

f:id:Specialite:20200103172952j:plain

豪龍久保

tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その84【新喜楽 の ひとり鴨鍋】

今回は東京者による関西への羨望による加点が入っているかも知れません。

梅田の繁華街のど真ん中にそのお店はあります。

様々な料理が揃う居酒屋に近い雰囲気のお店ですが、独特なアットホーム感があります。駅のそばのお店にありがちな、ぞんざい感がありません。

そちらの名物の一つが鴨鍋。

ちゃんと美味しい鴨鍋ながら、定食にしても千円かからないという破格の価格。

天ぷらを付けるときなどは単品でも楽しめます。

本当に梅田の駅のすぐ近く。東京に帰る一瞬の隙でも頂けます。

f:id:Specialite:20200103171853j:plain

新喜楽の鴨鍋

tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その83【ハティフナット 吉祥寺のおうち】

今回は番外編に近い内容です。

食べ物とは、その背景にあるストーリー、雰囲気とは切っても切り離せません。

こちらのお店は、お店の佇まいそのものが殿堂入りのお店です。

こちらのお店に伺ったならば、二階の手動式エレベータのそばに座ることをお薦めします。夢の城で、珠玉のスイーツをどうぞ!

f:id:Specialite:20200103171429j:plain

ハティフナット

tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その82【青空 の お鮨たち】

2019年は、まさにお鮨やさんブームに火がついた年となったわけですが、もちろんそれ以前より多くの名店がひしめいていました。

鮨の中心地である銀座において、一際明るい煌めきを放つお店、青空さん。

握りの凜とした端正な佇まいでは最上位ではないでしょうか。

f:id:Specialite:20200103170821j:plain

f:id:Specialite:20200103170829j:plain

f:id:Specialite:20200103170838j:plain

青空

tabelog.com