殿堂入りのお皿たち

世の中にあまた煌めく珠玉のお皿たちの記録

⌘ 各国料理

殿堂入りのお皿たち その200【蒼さん の 玉葱のムース】

食に対するこだわりについてはマニアとしか言いようのないお店です。 カトラリーにはステンレスを一切使わないというこだわりよう。 それは、素材の味をストレートに伝えるために必要な手段なのだと思われます。 こちらの玉葱のムースは、必要最小限の味付け…

殿堂入りのお皿たち その176【ユリイカさん の ヌガーグラッセ】

※時差更新です。リアルタイムではありません。 ヌガーグラッセが大好物です。 それも下北沢の名店、ユリイカさんのヌガーグラッセとくればその美味しさはひとしおです。常に常駐のメニューかどうかはわかりませんが、もしあれば、必食です。 tabelog.com

殿堂入りのお皿たち その174【イルフロッグス の モサドバーガー】

※時差更新です。リアルタイムではありません。 世の中には様々なハンバーガーがあり、その進歩はすさまじい。 このハンバーガーは好みは分かれるところであるが、おそらく唯一無二のハンバーガーである。 上に乗っている白い物体はマシュマロであり、ロッキ…

殿堂入りのお皿たち その173【佐乃家さん の 液体窒素ジェラート】

※時差更新です。リアルタイムではありません。 近年では、料理の世界にも科学が入り込んできている。 こちらのデザートは、液体窒素で瞬時に作り上げたジェラートである。 液体窒素は−196℃であるので、大抵のものはすぐに固まる。 しかし、単に固まるだけ…

殿堂入りのお皿たち その156【Eggslutさん の SLUT】

※時差更新です。リアルタイムではありません。 LAで実際に朝から大行列になっているお店が、日本に出店してきました! 私は、これが大好物なので歓喜です。 ポテトとたまごというありがちな組み合わせなのですが、このSLUTというのは、ありそうでない新し…

殿堂入りのお皿たち その146【南方中華料理 南三 の 雲南ポルチーニ春巻】

春巻の登場は二回目でしょうか? 春巻は何を巻くかで独創性が出しやすいですが、こちらの春巻は、なんと、ポルチーニを巻いてます。それも雲南のポルチーニ。 春巻は、鮎のようなものとも相性が良いのですが、きのこ類とも相性が良いようです。 きのこに、香…

殿堂入りのお皿たち その135【ゴドノフ の サラダオリビエ】

日本には世界中の名店が多く出店しています。 日本に居ながらにして、本店とまったく同じとは限らないものの、世界中のお料理を頂けるのですから、日本人は幸せ者です。 モスクワの老舗、ゴドノフさんも東京に進出してきました。 サラダオリビエは、ビーツを…

殿堂入りのお皿たち その133【スカズカ の オクローシカ】

もちろん世界にはさまざまなお料理があるわけですが、ロシアのお料理は比較的知られていないものが多いかと思います。 ロシア料理専門店は幾つかありますが、それほど頻繁に見かけるわけではありません。 このお皿も、知らない方が殆どだと思われます。 この…

殿堂入りのお皿たち その127【イクラバル の 焼きペリメニ】

この料理は、ペリメニの本場でもほとんど無いのではないだろうか? 醤油を使っているという点では、日本にしかない食べ物とも言えるであろう。 なんと、ペリメニを醤油で炒めたという一品。 多くの人にはカラメル化したものはこの上ない美味に感じられる。 …

殿堂入りのお皿たち その96【紫藤廬(ウィステリア) の 台湾茶】

美味しい台湾茶の味わいには驚くべきものがあります。 香りを味わい、お茶の味の変化を楽しんでいく。そこには、日本の茶道や煎茶道とはまた違った世界がひらけています。 台湾茶の頂き方にもいろいろなバリエーションがありますが、比較的気軽にその魅力を…

殿堂入りのお皿たち その73【アポロの サガナキチーズ】

サガナキチーズとは、ギリシャのチーズを焼いた料理である。 特に、アポロのサガナキチーズは、ハチミツとレモン果汁をかけて仕上げられるという禁断の食べ物。 その禁断さから好みは分かれるかも知れないが、はまったときの美味しさは半端がない。 注意点と…

殿堂入りのお皿たち その60 【ヴァタニムの 白いキルギスのはちみつ】

イガマメの花から集められた珍しい白い蜂蜜がある。 ヴァタニムさんでは、この白い蜂蜜を使ったお茶を頂くことができる。 その甘さはとても上品で普通のはちみつとは一線を画している。 もちろん、はちみつだけをそのまま食べてもすこぶる美味である。 tabel…

殿堂入りのお皿たち その44 【ペリメニキッチンの ビスキュイサンド】

こちら、ペリメニキッチンさんは、サワークリームを自家製で作っている。 もちろんビスキュイも自家製である。 この二つの組み合わせから、この世で唯一無二のビスキュイサンドが生まれる。 このサワークリームの美味しさは、ロシアを含めても地球一ではない…

殿堂入りのお皿たち その4 【ペリメニキッチンのペリメニ】

ペリメニは、ロシアでは一般的なダンプリングである。 中国の餃子、イタリアのラビオリ、ネパールのモモ、これらと同系統の食べ物と言って良いであろう。 そのような家庭料理であるので、一般的には、ロシア料理においても、それほど力を入れて作られている…