殿堂入りのお皿たち

世の中にあまた煌めく珠玉のお皿たちの記録

殿堂入りのお皿たち その293【レストランぷーれさん の ジンジャーエール】

ジンジャーエールは数あれど、既製品が圧倒的多数。 日本人は既製品を使うことに慣れすぎてあまり既製品に疑問を持たなくなってしまいました。 既製品を使うことで個性がどんどんなくなっていきます。 ジンジャーエールなどは本来、そのお店ごとに違ってしか…

殿堂入りのお皿たち その292【茶豆さん の カレー】

喫茶店のカレーは美味しいことが多いが、茶豆さんのカレーは群を抜いています。 やや酸味が強いですが、奥深いことこのうえないです。 ねこさんに囲まれた空間での美味しいカレー、たまらないですね。 茶豆 (チャズ) - 笹塚/欧風カレー [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その291【Cherryさん の 鮎のコンフィーと頭のシュー】

鮎の食べ方として、塩焼きはもちろんとても美味しいが、 相当に上手く調理しないと味わい尽くせない。 この鮎のコンフィーはとても食べやすく、たやすく食べ尽くせる。 シューを用いた工夫も見事。 チェリー (CHERRY) - 東松原/ビストロ [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その287【Cherryさん の 鮎のコンフィーと頭のシュー】

いわゆるビストロ的なお店には、独創的な面白いお皿が眠っていることが多い。 こちらの鮎のコンフィーも興味深い。 おそらく酢の力もあって、骨まで柔らかい。 何よりも、頭のシューが独創的。 チェリー (CHERRY) - 東松原/ビストロ [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その286【鼓月さん の レアチーズわらびもち】

たぶん、目白店限定の和菓子です。 古典的な和菓子の概念からすると邪道でしょうが、 私はこの手の意欲的なお菓子は好きです。 全体に甘さ控えめで美味しいです! 京菓子處 鼓月 目白店 (こげつ) - 目白/和菓子 [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その285【君に、揚げる。 さん の 嬉嬉豚のロースとんかつ】

数々の銘柄豚さんがいますが、ブラインドで当てられる豚さんはあまり無いかと思います。 この嬉嬉豚さんはかなりの高確率でブラインドでも当てられるというほど特徴があります。 食感のもちもちっぷりが他の豚さんとはかなり違うのです。 お店もとても感じの…

殿堂入りのお皿たち その284【ラ・ヴィ・アン・ローズさん の カヌレとモンスクレ】

カヌレ、流行り気味ですが、小さなカヌレが多い、、、 こちらのカヌレは大きいです!! 個人的にカヌレは大きめの方が美味しいと思います。 さらに、アイスのモンスクレがとても良く合います。 冬はホットのカサブランカで。 ラ・ヴィ・アン・ローズ (La Vi…

殿堂入りのお皿たち その283【櫻井焙茶研究所 の 氷室豆腐】

表参道スパイラルの中のお店ですが、意外に穴場です。 どうやらヒガシヤさんの系列のお店のようです。 どうりでただものでない食べ物が出てきます。 これは、氷室豆腐。夏の暑い最中、なんとも清涼感のある和菓子です。 味わいはとても儚い。 こちらのお店、…

殿堂入りのお皿たち その282【虓 の クルミとチョコのテリーヌ】

乳化剤を使わないバターである。 作りたてで食べるならば乳化剤は不要である。 パンの美味しさとあいまって、これはたまらない。 虓 (コウ) - 虎ノ門/創作料理 [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その281【トラットリアダカンダ の クルミとチョコのテリーヌ】

イタリアンのドルチェは美味しいことが多い。 こちらのテリーヌは、食感が見事で、美味しさを倍増させている。 食べ物は、ジェラートを始め、空気感が大事なことが多い。 トラットリア ダ カンダ (Trattoria da Canda) - 芦花公園/イタリアン [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その280【K+さん の 雲丹の冷たいカルボナーラ】

何度か登場しているお店ですが、 夜中に禁断のお皿を頂けます。 その禁断のお皿の代表格が、この雲丹のカルボナーラ。 カロリーは高いと思われますが、夜中にこそ、たまらないお皿です。 K+ (カゲロウプリュス) - 広尾/イタリアン [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その279【チュッピンさん の アンチョビと松の実のソースのスパゲッティ】

骨太のパスタです。 風味も食感もとても豊かで、スパゲッティーにぴったりの具材で作られています。 病みつきになる風味のお皿です。 今は昼のみ営業のようですが、夜のメニューも頂いてみたい。 チュッピン (ciuppin) - 上北沢/イタリアン [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その278【MEILIさん の 愛玉子オーギョーチ】

愛玉子(オーギョーチ)を作ったことはありますでしょうか? 籾殻のようなものをもみもみしていると、ぶるぶるしてきます。 しかし、そのような本物の作り方をしている愛玉子は少ないです。 こちらの愛玉子は本物です。 MEILI (メイリー) - 下高井戸/カフェ…

殿堂入りのお皿たち その277【君に、揚げる の とんかつ】

だいたい、店名で、60%位の確立で、好きなお店かどうかがわかります。 こちらの店名は、もうほぼ90%の確率で美味しいお店に決まっています(笑) こちらは、群馬の嬉嬉豚を使ったとんかつを提供してくれます。 嬉嬉豚は独特の食感があり、これだけの弾力のあ…

殿堂入りのお皿たち その276【ラ・ヴィ・アン・ローズさん の カヌレとアイスモンスクレ】

カヌレが流行っていますが、どうも小ぶりのカヌレが多いですよね。 ラヴィアンローズさんのカヌレは、かなり大ぶり。 この位の大ぶりな方が食感が豊かで、味がよくわかると思います。 ラ・ヴィ・アン・ローズ (La Vie en Rose) - 上北沢/紅茶専門店 [食べ…

殿堂入りのお皿たち その275【レストランぷーれさん の 豚のコンフィ】

鴨のコンフィは良くあるが、豚のコンフィはやや珍しい。 しっとりと柔らかく、独特の火の入り具合で、 これは多くの人にとって病みつきになるお皿だと思います。 皮目の食感も見事です。 こちらのお店にはマキシムドパリの調度品もあります。 レストラン ぷ…

殿堂入りのお皿たち その274【ハーベストさん の 鶏の黄金焼き】

ハーベストさんのランチメニュー、鶏の黄金焼きとみそかつ。鶏の黄金焼きはイタリアントマトソース、カツは味噌味となかなか面白い組み合わせ。黄金焼きはピカタのような感じで、何とも言えぬ美味しさです。 ハーベスト - 幡ケ谷/洋食 [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その273【トラットリア ダ カンダ の アンチョビバターソース】

芦花公園のちょっと脇道にひそむトラットリア。メニューはかなり多いです。肉類も一通りの素材が揃ってます。鶏のソテー アンチョビバターソースは恐らくお店の得意技。 アンチョビの風味は病みつきになります。 爽やかさもあり、バランスが取れた味わいです…

殿堂入りのお皿たち その272【Tombo の 醤油の旨味ソバ】

揚げ葱、揚げた玉葱を入れてくるタイプのラーメンがたまーにあります。 その風味、香ばしさはとても美味しく、病みつきになるのですが、悪く言えば、スープの味は全てそちらに引っ張られます。 そんな中、こちらのお店は、とても良いバランスで醤油ラーメン…

殿堂入りのお皿たち その271【茶禅華 の 春巻き粉をまとった鮎】

鮎の春巻きは一世を風靡しましたが、こちらの鮎は、春巻き粉をまとった鮎。 いかに鮎の香りを鮮烈に保ちながら中華料理とするか? その答えの一つかと思います。 茶禅華 (サゼンカ) - 広尾/中華料理 [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その270【グラシア の バスクチーズケーキ】

バスクチーズケーキ、依然としてとても流行っているわけですが、 では、イートインでどこが美味しいかと言われると、それほどお店が多いわけではない。 グラシアさんのバスクチーズケーキはまさに優等生的なバスクチーズケーキです。 Gracia (グラシア) - …

殿堂入りのお皿たち その269【K+ の 夜中のかき氷】

夜中にちゃんとしたかき氷が食べられるお店はそれほど多くはない。 その中でも極上のかき氷がこちら。 内容は日によって変わると思いますが、独創性あるかき氷が頂けること、間違いありません。 K+ (カゲロウプリュス) - 広尾/イタリアン [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その268【すし 良月 の 焼き鯖鮨】

良月さんからは、鮨の世界に何か新しいものを吹き込んでいきたい、という気合いを感じる。このお鮨もその中の一つである。 全体を炭火で炙り、醤油の香ばしさを加え、さらに柑橘の軽やかさでバランスを取った逸品。 ありそうで実際はなかなかないお皿。 すし…

殿堂入りのお皿たち その267【京都宇治 藤井茗縁 の マグロの宇治茶漬け】

お茶漬けにもいろいろあるが、 宇治抹茶を使ったお茶漬けはなかなか珍しい。 胡麻まぐろと松前漬けの宇治抹茶茶漬けは、取り合わせといい、なかなかの完成度です。 暑い夏でも心地よく頂けるお皿です。 京都宇治 藤井茗縁 - 渋谷/日本茶専門店 [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その266【成城青果さん の 醤油ラーメン】

透明なラーメンが好きです。 美しい盛りのラーメンが好きです。 こちらのラーメンは、透明でありながら、旨味とコクにあふれたラーメンです。 成城青果 - 芦花公園/ラーメン [食べログ]

殿堂入りのお皿たち その265【下北果実さん の メロンかき氷】

メロン半玉をくりぬいて、くりぬいた部分に台湾かき氷風の氷を敷き詰め、 その上に丸くくりぬいたメロンそのものを乗せた贅沢なかき氷。 おそらく、こちらのお店は、もともとビストロ屋さん。 コロナ禍で、考え尽くして、昼間のフルーツ屋さんを二毛作で始め…

殿堂入りのお皿たち その264【傳さん の 鮎】

鮎にもいろいろな調理法がありますが、この旨味が濃縮された鮎は他ではなかなかありません。 自由闊達に美味しさを追求する傳さんらしいお皿です。 傳 (伝 でん) - 外苑前/創作料理 [食べログ] 傳 (伝 でん) 公式情報 4.28 87 件 29845 件

殿堂入りのお皿たち その263【茶禅華さん の 担々麺】

茶禅華さんといえば、次々と驚きのお皿を生み出すお店ですが、 そこはやはり担々麺も素晴らしい。 こちらの麻婆豆腐はかなり辛いのですが、担々麺は適度な辛さ。 クリーミーさとコクのバランスも秀逸でとても美味しい担々麺です。 茶禅華 (サゼンカ) - 広…

殿堂入りのお皿たち その262【安納芋焼き芋のアイス】

珍しく、お取り寄せスイーツを。 スイーツ番長押しのアイスクリームですが、抜群に美味しいです。 https://stayhome.official.ec/categories/2387067

殿堂入りのお皿たち その261【Gracia の 豚のお皿】

広尾に出来たGracia、サンパウのDNAを継ぐお料理を気軽に頂けます。 スペイン料理は、調味料の幅が広く、フレンチよりも自由闊達なお皿が生まれやすい このお皿では、ナッツ類、トマトなどから作られたロメスコソースが使われています。 カウンターで作られ…